イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

昆布アイコン

美味しい回復薬の使い方


昆布
Tweet #EikyuhozonbanN

昆布とは


光合成

深い海の中で、光合成によって育った海の幸を頂く。
筆者は、ランチの時に、そう思って昆布を食べる時がある。

昆布

あったかい、もち麦ごはんに
すり下ろした白ごまと、小さくちぎった海苔と
鰹節をからめ、オリーブオイルとレンズ豆を加えて、
梅と昆布を混ぜて食べる。

おやつは、アーモンドと蜂蜜で味付けした
ヨーグルトに大好きなパンだ。

食べて少しした後は、昆布のおかげか
少し身体が回復した気がする。

昆布の食物繊維と旨味


昆布は、水溶性食物繊維(すいようせいしょくもつせんい)がたっぷり

昆布

昆布は、一度枯(いちどか)れて、
もう一度成長した二年目が美味しい。

昆布の栄養

栄養素 イメージ 効果
カルシウム カルシウム 骨をつくつたり、興奮(こうふん)をおさえてくれる。
鉄分(てつぶん) 鉄分 血液(けつえき)酸素(さんそ)を運ぶのを助けてくれる。
ビタミンA ビタミンA 目や皮膚(ひふ)粘膜(ねんまく)の健康を守ってくれる。
ビタミンE ビタミンE 細胞(さいぼう)赤血球(せっけっきゅう)(わる)くならないようにして老化(ろうか)(ふせ)ぐ。
ビタミンB1 ビタミンB1 ブドウ(とう)をエネルギーに変えてくれる。
ビタミンB2 リボフラビン 皮膚(ひふ)(かみ)(つめ)の細胞を生き返らせてくれる。
食物繊維(しょくもつせんい) 食物繊維 おつうじの(りょう)をふやしてくれる。
ナトリウム ナトリウム 水分バランスを良くしてくれる。

昆布

昆布 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック