イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

鰹節アイコン

栄養のある軽くて深い隠し味


鰹節
Tweet #EikyuhozonbanN

鰹節とは

鰹節(かつおぶし)が、発酵食品(はっこうしょくひん)って
存知(ぞんじ)でしょうか?

鰹節

筆者(ひっしゃ)(あさ)ごはんに()かせない隠し味が
この鰹節

玄米ご飯に、白ごまをたっぷりかけて、
しそわかめとちりめんじゃこを混ぜ
海苔もちぎって、ご飯に(から)めた後は、
最後に鰹節()って一口味(ひとくちあじ)わう。

鰹節を使った朝ごはん

これがまた美味い!

そして、ご飯を少し冷ませたら、
納豆、オリーブオイル、酢、ねぎ、
キムチを混ぜたものを上からのせて完成。

デザートは、ヨーグルトと蜂蜜。

これが、最近お気に入りの朝ごはんレシピだ。



今回は、その鰹節に関することを紹介したい。

鰹節の作り方

STEP 工程 イメージ 内容
1生切り 生鰹(なまがつお)内蔵(ないぞう)などをとって3枚におろす。。
3() 約90度で1時間ほど煮込(にこ)んだ後に、骨やウロコなどをとる。
3焙乾(ばいかん) (いぶ)して、荒節(あらぶし)ができる。
4本枯節(ほんかれぶし) 形をキレイにして、かつお節菌(ぶしきん)であるカビをつけて枯節(かれぶし)が出来上がる。

鰹節などの発酵食品

名称
納豆
鰹節
醤油(しょうゆ)
梅干(うめぼ)
紅茶(こうちゃ)
漬物(つけもの)
味噌汁(みそしる)
くずもち
塩辛(しおから)
ウスターソース
銀杏(ぎんなん)
醸造酢(じょうぞうす)
烏龍茶(ウーロンちゃ)
カカオ
(くろ)ニンニク
チーズ
タバスコ
ナタ・デ・ココ
キムチ
ヨーグルト
パン
アンチョビ
シュールストレミング
ザーサイ
メンマ
ピクルス
ザワークラウト
バニラ

鰹節の栄養素

名前 イメージ 効果
タンパク質 タンパク質 血液(けつえき)筋肉(きんにく)をつくってくれる三大栄養素(さんだいえいようそ)の一つ。
脂肪(しぼう) 脂肪 エネルギーになる三大栄養素の一つ。
食べ物の中にあるものは「脂質(ししつ)」と呼ぶ。
ビタミンB1 ビタミンB1 ブドウ(とう)をエネルギーに変えてくれる。
ビタミンB2 ビタミンB2 皮膚(ひふ)(かみ)(つめ)の細胞を生き返らせてくれる。
ビタミンB6 ビタミンB6 赤血球(せっけっきゅう)をつくってくれる。
ビタミンD アルギニン カルシウムとリンが体によく吸収できるようにする。
ビタミンE ビタミンE 細胞(さいぼう)赤血球(せっけっきゅう)(わる)くならないようにして老化(ろうか)(ふせ)ぐ。
カリウム カリウム 膵臓でナトリウムをおさえる。
カルシウム カルシウム 骨をつくつたり、興奮(こうふん)をおさえてくれる。
マグネシウム マグネシウム 血をサラサラにする。
リン リン 骨をつくつたり、体の調子を良くする。
鉄分(てつぶん) 鉄分 血液(けつえき)酸素(さんそ)を運ぶのを助けてくれる。

鰹節 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック