イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

ちりめん雑魚アイコン

レシピいらずのちりめんじゃことは?


ちりめんじゃこ
Tweet #EikyuhozonbanN

ちりめん雑魚とは

自転車のペダルが、足ツボマッサージ

自転車のペダルが、足ツボマッサージになっていたら、
心も体も良くなるのでは?

自転車をこぐごとに、足のツボを
心地よく押されて移動できたら
どれだけ毎朝が気持ち良いだろう。

筆者は毎朝、自転車で通勤しているので、
ペダルをこぐ回数は多い。
せっかくペダルをこぐので、
こぐごとに足ツボマッサージで(いや)されると
健康に良いかもしれない。
日常の繰り返しを活用して、
勝手に貯蓄できることを考えている。

ちりめん雑魚

そんな今日も、朝ごはんに
ちりめん雑魚を混ぜて
納豆をかけて食べながら、
健康を貯蓄している。

筆者、定番の朝ごはんだ。
最近では、ヨーグルトに蜂蜜もかけている。

ちりめん雑魚は、イワシの赤ちゃんである稚魚(ちぎょ)
食塩水で煮た後に、天日干しした食べ物で
干してないものは、「しらす」と言う。

今回は、そのちりめん雑魚に関することを紹介していく。

ちりめん雑魚 イワシとは

海にいて群れで行動する10〜30cmの青魚。
プランクトンを食べる。

ちりめん雑魚の栄養素

栄養素(えいようそ) イメージ 説明
カルシウム カルシウム 骨をつくつたり、興奮(こうふん)をおさえてくれる。
リン リン 骨をつくつたり、体の調子を良くする。
ビタミンD アルギニン カルシウムとリンが体によく吸収できるようにする。
タンパク質 タンパク質 血液(けつえき)筋肉(きんにく)をつくってくれる三大栄養素の一つ。
脂肪 脂肪 エネルギーになる三大栄養素の一つ。
食べ物の中にあるものは「脂質(ししつ)」と呼ぶ。
マグネシウム マグネシウム 血をサラサラにする。
カリウム カリウム 膵臓でナトリウムをおさえる。
ナトリウム ナトリウム 水分バランスを良くしてくれる。
鉄分(てつぶん) 鉄分 血液(けつえき)酸素(さんそ)を運ぶのを助けてくれる。

ちりめん雑魚 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック