イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

納豆アイコン

風邪ひかないし、頭にもいい世界の健康食品


納豆
Tweet #EikyuhozonbanN

納豆とは

納豆栄養(えいよう)祭典(さいてん)といって
過言(かごん)ではないぐらい、栄養素(えいようそ)がいっぱいだ。

世界五大健康食品の納豆
納豆は、世界五大健康食品(せかいごだいけんこうしょくひん)にも選ばれている
豆食品の一つでもある。

今回は、その納豆について紹介したい。

納豆栄養素(えいようそ)

名前 イメージ 効果
タンパク質 タンパク質 血液(けつえき)筋肉(きんにく)をつくってくれる三大栄養素(さんだいえいようそ)の一つ。
ナットウキナーゼ ナットウキナーゼ 血栓(けっせん)を溶かしてくれるタンパク質の仲間。
レシチン レシチン 頭が良くなる。
デンプン デンプン 炭水化物(たんすいかぶつ)で、ブドウ(とう)からグリコーゲンになり筋肉などに移動してから体のエネルギーになる。
食物繊維(しょくもつせんい) 食物繊維 おつうじの(りょう)をふやしてくれる。
脂肪(しぼう) 脂肪 エネルギーになる三大栄養素の一つ。
食べ物の中にあるものは「脂質(ししつ)」と呼ぶ。
チアミン チアミン ビタミンB1とも呼ばれ、ブドウ(とう)をエネルギーに変えてくれる。
リボフラビン リボフラビン ビタミンB2とも呼ばれ、皮膚(ひふ)(かみ)(つめ)の細胞を生き返らせてくれる。
ナイアシン ナイアシン ビタミンB3とも呼ばれ、糖質(とうしつ)脂質(ししつ)、タンパク質からエネルギーを作るのを助けてくれる。
アルギニン アルギニン ビタミンB4とも呼ばれ、体にあるものをエネルギーに変えてくれる。
パントテン(さん) パントテン酸 ビタミンB5とも呼ばれ、皮膚(ひふ)をキレイなままにしたり、善玉(ぜんだま)コレステロールを増やしたりしてくれる。
ビタミンB6 ビタミンB6 赤血球(せっけっきゅう)をつくってくれる。
葉酸(ようさん) 葉酸 細胞(さいぼう)を作ったり生き返らせたりする。
ビタミンE ビタミンE 細胞(さいぼう)赤血球(せっけっきゅう)(わる)くならないようにして老化(ろうか)(ふせ)ぐ。
ビタミンK ビタミンK 血液(けつえき)を固めたり、骨を強くするのを助ける。
ナトリウム ナトリウム 水分バランスを良くしてくれる。
カリウム カリウム 膵臓(すいぞう)でナトリウムをおさえる。
カルシウム カルシウム 骨をつくつたり、興奮(こうふん)をおさえてくれる。
マグネシウム マグネシウム 血をサラサラにする。
リン リン 骨をつくつたり、体の調子を良くする。
鉄分(てつぶん) 鉄分 血液(けつえき)酸素(さんそ)を運ぶのを助けてくれる。
亜鉛(あえん) 亜鉛 免疫細胞(めんえきさいぼう)のはたらきを良くして、鼻水(はなみず)など風邪(かぜ)なども良くする。
(どう) 銅 貧血(ひんけつ)などから守ってくれる。
セレン セレン (はだ)血管(けっかん)、筋肉の老化を遅らせる。
ビオチン ビオチン ビタミンHとも呼ばれ、皮膚(ひふ)(つめ)(かみ)の健康を守ってくれる。

三大栄養素(さんだいえいようそ)とは

三大栄養素

タンパク質・脂質(ししつ)糖質(とうしつ)の3つ。
人が生きていくために必ず必要なもの。

ミネラルとは

ミネラル

神経(しんけい)臓器(ぞうき)などの働きを良くする。
無機質(むきしつ)とも呼ばれ五大栄養素の一つ。

五大栄養素(ごだいえいようそ)とは

五大栄養素

炭水化物(たんすいかぶつ)・タンパク質・脂質(ししつ)・ビタミン・ミネラルの5つ。
栄養(えいよう)を研究するために分けられた5つの栄養素(えいようそ)

血栓(けっせん)とは

血栓

血栓(けっせん)(Thrombus)とは、
血管(けっかん)(血を身体に送るための通路である
(くだ))にある血が、こりかたまってしまったもの。

レシチンとは

レシチン

レシチン(Lecithin)とは、
頭が良くなる栄養素(えいようそ)で、リン脂質の一部です。

レシチンは体に入ると、膵臓にある
膵液中(すいえきちゅう)のホスホリパーゼによって、
リゾレシチンと脂肪酸(しぼうさん)にわかれて体に吸収されます。

リン脂質とは

リン脂質

リン脂質(Phospholipid)とは、
リン酸エステルがある水に溶けない脂質全体の呼び方。

細胞膜(さいぼうまく)(細胞にある薄い膜)などの元となったり、
シグナル伝達(細胞のやりとり)を助けたりする。

膵臓(すいぞう)とは

膵臓

膵臓(すいぞう)(Pancreas)とは、
体の中にある臓器(ぞうき)の1つ。

食べたものを消化し、ホルモンによって
糖をエネルギーに変える働きをする。
胃の後ろにあり、大きさは15センチぐらい。

ホスホリパーゼとは

ホスホリパーゼ

ホスホリパーゼ(Phospholipase)とは、
レシチンなどのリン脂質を脂肪酸(しぼうさん)
油に溶けやすいものに分ける酵素(こうそ)である。

リゾレシチンとは

リゾレシチン

リゾレシチン(Lysolecithin)とは、
レシチンがホスホリパーゼによって分けられたもので
生物の膜の脂質から表面に変化を与える。

脂肪酸(しぼうさん)とは

体のエネルギー

脂肪酸(しぼうさん)(Fatty Acid)とは、
脂肪の中にあり、体のエネルギーになるもの。

酵素(こうそ)とは

酵素

酵素(Enzyme)とは、
生きている体の中で起きる変化を
上手く進めてくれるもの。

大豆の作り方

STEP 時期 イメージ 内容
15〜6月 大豆(だいず)に水を吸わせて土に植える。
26〜7月 土を作ったり、水をやったりして育てる。
38〜9月 この時にとると「枝豆(えだまめ)」になる。
410〜12月 とって2週間ぐらい日陰(ひかげ)で干すと「大豆(だいず)」ができる。

納豆の作り方

STEP イメージ 内容
1 大豆(だいず)を用意。
2 倍に(ふく)らむまで18時間ぐらい水につける。
3 (ふく)らんだ大豆(だいず)圧力鍋(あつりょくなべ)で3〜4時間ほど()る。
4 ()大豆(だいず)(いな)ワラにまく。
5 枯草菌(こそうきん)が増えて、発酵(はっこう)して出来上がり。

発酵(はっこう)とは

発酵

発酵(Fermentation)とは、
微生物(びせいぶつ)が別のエネルギーのあるものに変えること。

その発酵させた食べ物を発酵食品(はっこうしょくひん)という。

なぜ納豆と呼ぶのか

納所の由来

納所(なっしょ)で作られたので、納豆になった。

納所(なっしょ)とは

納所

寺でお金や食べ物を置いていたところ。

納豆 美味しさの秘密

グルタミン酸

納豆美味(おい)しいのは、
発酵によって大豆のたんぱく質から、
グルタミン酸がつくられるためである。

このグルタミン酸というのは、
うま味があってネバネバしている。

納豆 まとめ

納豆 関連リンク