イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

マグネット

壁が傷まない最高の貼り付けアイテム


マグネット
Tweet #EikyuhozonbanN

マグネットとは


気持ちを新たに目標を立てて、
壁に貼りたいが自宅は賃貸(ちんたい)

壁に穴は開けられない。
そんな時がある。

大事な書類を保管するとき、
クリアファイルに(はさ)んで(たな)に差したら、
他の書類と混じって紛失(ふんしつ)してしまった。

そんな時もある。

それらの問題を解決してくれるのが
磁力(じりょく)が強力なマグネットだ。

マグネット

紙を2~3枚()めても持ちこたえてくれる
1度くっつけたら力を込めないと取れない、
そういう強力マグネット

なぜ『強力』にこだわるかというと、
弱いと紙の重みで床に落ち、
それが生活のストレスになるからだ。

マグネットの使い方


マグネット使い方図解

忘れたくない持ち物や、
ゴミ出しの日、支払い伝票(でんぴょう)などは、
玄関のドアに貼っておく。

忘れたくない目標や、
思い付いたアイデアメモは、
ホワイトボードに貼っておく。

買った食材の賞味期限(しょうみきげん)
ダイエットの目標を書いた紙は、
冷蔵庫のドアに貼っておく。

マグネットならば
必要な時にすぐはがせるし、
何度でも再利用できる。

どこにも穴が開かないし、
(あと)だって残らない。

使わないときは
そのまま壁に付けておけるので、
必要な時に探さず使うことができる。

最初の準備として、
家の中のマグネットがくっつく壁に、
それぞれ4~8個ずつくらい
強力マグネットを用意しておけばいい。

コンビニにもよく置いてあるし、
文具店なら確実に手に入る。

筆者は1年の目標をいくつか
個別にメモしてホワイトボードに貼った。

達成したものをはがしていけば、
マグネットの数でクリア数も数えれるし
目標を変更したときに張り替えも簡単で、
気軽(きがる)に楽しく目標設定ができる。

1度始めるとクセになる
それがどこにでもマグネットのある生活、
これからも続けていきたい。

今日のイラレッスン Vol.29


今回イラストレーターで描いたマグネットのイラスト。

このイラストを描くのに使ったテクニックから、
1つだけ、初心者でも、とっても簡単に使える描き方を
毎回1つずつ紹介!

今回は、文字のアウトラインの簡単な描き方 前編!
次回もお楽しみに!

アウトラインフォントの描き方

マグネット

マグネット関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック