イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

コースターアイコン

コーヒーする間のLINEサリー


コースター
Tweet #EikyuhozonbanN

コースターとは


ビジネスマンに必要な、遊び心とは

自然界にある鉱石など、
様々なものが組み合わされた後
それが練り上げられ、シリコンが作られた後に
熱っせられたり、カットされながら形が作られ
パッケージングされて、どこか遠い国から
遥々日本の国まで送られてきたのだろう。

たった一枚のコースターにも
筆者の手に収まるまでに、実は
とても壮大な旅路の後に辿り着いたのかもしれない。

そう考えると、コースター
自分との運命を感じる事ができ
ちょっと愛着が湧いて、大事に出来たりする。

今日、紹介したいのは
そのコースターである。

コースター

筆者は、LINEサリーというキャラクターの
可愛い、黄色いコースターを使っている。

このコースター、実は仕事をする上で、
とても大事な役割を果たしてくれている。

コースター


このコースターの魅力は2つ。

「清潔さ」と「遊び心」である。

コースター図解

筆者は、朝と昼と夜に、必ず会社で飲むのが
以前イラレブックで紹介したスティックコーヒー
「AGF ちょっと贅沢な珈琲店」でいれたコーヒーだ。
(興味のある方は、ページ下にある
関連リンクからご覧頂きたい。)

お湯は少なめにして、濃い目に仕上げ
蜂蜜をたっぷり入れるのが、お気に入りである。

このコーヒー、陶器のカップに入れて
机に置くと、必ずと言っていいほど
机に痕がついてしまう
蜂蜜が入っているので、一度汚れると
結構しつこい汚れになってしまうのだ。

しかし、コースターを使うようになってからは
机に汚れがつかず、清潔な机を維持できている。

もう一つの魅力である「遊び心」だが

筆者の仕事机は、基本シンプルでほぼ黒
見た目はとってもシックだ。

そこにLINEの黄色いサリーコースターを置くと
それはそれは良く目立つわけである。

でも、LINEサリーの顔は
コーヒーを置いている間は見えず
飲む時にだけ、その可愛い顔を見せる。

このコーヒーを飲む間の
ちょっとした出会いが
仕事中に遊び心を生み
気分をとてもリラックスさせてくれるのだ。

コースター LINE サリー仕様



今日のイラレテクニック


今回描いたコースター
イラストの描き方を紹介

コースターの描き方

今日のいい言葉


もし私がすべてのルールを守ってたら、
成功なんてしていなかったでしょうね。

マリリン・モンロー

コースター関連リンク

コースター
ホームへ戻る

イラレブック